学生団体 / サークル / インターン / 留学 /インカレ 「食わず嫌い」をしてしまう前に

こんにちは。実行委員のあおのです。トップ写真は、所属していた団体で英語を話さなきゃいけなくてあっぷあっぷしている時の写真です。懐かしい。

これまでに告知があった通り、大学園祭の準備が着々と進んでおります(予約もありがとうございます!)。たくさんの学生団体に来てもらい、多くの日本一の学生に来てもらい、様々な企業様に展示内容を用意してもらい、Chayさんに歌ってもらい、Miyuuさんに歌ってもらい、ヨッピーさんにスペシャルトークをしてもらいます(サウナ大好き人間の私はヨッピーさんのお話すごく楽しみにしています)。
一方みなさんは(特に新大学一年生の方は)春から始まる大学の入進学の準備に勤しんでいるでしょう。大学院新1年生の私もです。そんなタイミングで時間を割いてでも大学園祭に来て欲しい理由を、つらつらと述べさせていただきたいと思います。

「日本一」を勝ち取った学生が追い求めた夢、情熱に触れて欲しい。

先日のキャリア甲子園の様子です。これ本当にすごかった。

先日、キャリア甲子園の決勝戦が終わりました。死ぬほどプレゼンのレベル高かった、勝てねえよって感じです。詳しくは当日の様子がニコニコ生放送のアーカイブに残っているのでそちらを参照して欲しいです。

彼女らが半年間必死に努力して日本一の学生に選ばれたのと同様、今回メインステージに出演しパフォーマンスする団体も学生生活をかけて真剣に取り組み日本一に輝きました。そしてそのパフォーマンスは細部にまでこだわりが散りばめられています。ダンスであれば0.1秒しかないポーズの指先までに意識を張り巡らせ、漫才であれば一つ一つ表現を考え抜いた言葉を絶妙なタイミングで発し、演奏であれば観客の心に最も刺さるようなワンフレーズを完璧なリズムで弾いています。

これ全部日本一になるためにここまでやり抜いているんですよね。ここまでする情熱、持ち続けるのってほんとに大変なことだと思います。

一方で高校3年生の皆さんは、受験という人生の一つの大きなターニングポイントを終えて、若干の燃え尽き症候群になっている頃だと思います。大学生のみなさんは、目標を明確に持ちにくい大学生活、楽しいけどこれからどうしようって少し悩み始めている頃かと思われます。だからこそみなさんに、彼らの集大成を見てその情熱に触れて欲しいんです。そして失っていた「目標に向かって頑張る」情熱を見つける、とまではいかなくても、そこから感じ取れるものを全部吸収して欲しいです。感じ取れるほどの熱い何かが見れることは約束いたします。

自由な大学生活、「食わず嫌い」をしないで欲しい

大学ではサッカーサークルに入り、真摯にサッカーに取り組んでいます。嘘です。ワイワイ楽しんでます。

今現在みなさんが燃え尽き症候群であるという憶測を立てましたが、一方で4月からの新生活にワクワクしている気持ちもあると思います。何か新しいことを始めようと思う気持ちもあると思います。

でもこの真面目な気持ちや未来へのワクワクっていうの、過去の半生において長続きしたことありますか?きっと一月後ぐらいには忘れてしまっていたと思います。大学生活だと正直もっと早いです。大学生活楽しもうと思えば無限に楽しいですからね。でもって真面目な事をしている学生を「意識高い系(笑)」と呼称し、冷ややかに見てしまいますよね。

一方で、「就活の時の長期インターン話、ボランティア話、学生団体話はもう定番」とか「サークルだけの学生生活だと就活大変」とかいう話を先輩から聞くこともあり、板挟み状態になっちゃいます。

周りが就活を終えているのを見た僕なりのアドバイスですが、正直何しててもそんな変わりません。ワイワイサークルで過ごしてても、有名どころから内定バシバシ取ってくる学生もいれば、某大学の学生を中心とする強めの学生団体に所属しても就活全然うまくいってない学生もいます。要は人それぞれです。

だからこそ大学生活で所属するサークル/部活/学生団体や、インターン・留学をするかの選択はよく吟味して欲しいんです。そこでやりたいことは本当に自分のやりたい事なのか、それを突き詰めたいと思うのか、考えて欲しいです。大学園祭はジャンルも大学の枠も超えた学生団体/サークルに出展してもらいます。留学の話や長期インターンの話が企業から聞けるブースもあります。大学独自の色に染まった新歓を受ける前に是非是非ここに足を運んでみて欲しいです。

最後に

私も学生団体の活動でアフリカに行ったことあります。ただ、就活などのまがいな目的ではなく、純粋にアフリカに行ってみたかったからです。

最近大学園祭の仕事を投げ出して、大学のプログラムを使ってイギリスに短期留学し、現地企業で働く日本人のお話をたくさん聞く機会がありました。「成功するために大学生活どうすればいいですか」、という月並みな質問を大先輩相手にしまくったのですが、返ってくる返事はいつも同じで「自分の好きなことを突き詰めて欲しい」ということでした。

これ自体の難しさも話していましたが、「それでも突き詰めたそれは自分を表すものになり、圧倒的な強みになる」という言葉がとても印象的だったのを覚えています。

こうした、自分が大学生活で突き詰められるものを見つける機会に、突き詰めるための情熱を手に入れる機会に、大学園祭がなって欲しい、そう私は思います。

読んでくれたみなさんにはお礼に、私の招待コード「aono03」をPeatixの特別招待券で入力すれば、無料で大学園祭に参加することができます。「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、もし今少しでも「春からは真面目なことしてみたい」、「新しいこと始めてみたい」という思いがあれば、予約してみてください!人生のターニングポイントになれるような素敵な場所を用意してお待ちしてます!

STAFF実行委員会スタッフ

渡辺 花菜絵
渡辺 花菜絵
【プロジェクトリーダー&全体統括班リーダー】 早稲田大学文学部5年生(単位不足の留年ではないぞ) 大学3年生のときフランスへ長期留学をする。美術史を学んでおり、好きな仏像は興福寺阿修羅像と薬師寺薬師三尊像、好きな画家はクロード・モネという一風変わった趣味を持つ。とりあえず声が大きい。
青野 将大
青野 将大
【プロモーションリーダー】 東京大学農学部4年生。来年は大学院進学予定。好きなことはサッカーとフットサル。たまにボルダリングも。海外経験はアフリカに2回、インドに1回。ヨーロッパ・アメリカ0回という変わり種。卒論ではチョコレートの美味しさを科学する予定。
秋元 佑太
秋元 佑太
【ステージ企画リーダー】慶應義塾大学商学部4年生。高校2年生からMFCに参加し、ビジコン優勝経験もあるMr.MFC(自称)。最近、自分のキャラ設定に悩んでいる。趣味はグルメ巡りやスキューバダイビング。
内田 拓磨
内田 拓磨
【全体統括班】東京理科大学経営学部2年生。1年生の8月から国際交流団体IFPの横浜支部代表を1年間務める。好きなものはバスケと漫画とお酒。
奈良 勇輝
奈良 勇輝
【全体統括班】 一橋大学法学部2年生。来年度冬からドイツに留学予定。趣味はラフティングで、特技はシュラフ(寝袋)1枚でどこでも寝られること。好きなものはブルーチーズ、嫌いなものは中央線(遅延が多い)
妹尾 駿
妹尾 駿
【全体統括班】東京大学文科一類1年生。学部生中での起業を目指している。野球、テニス、ベースギターが趣味。
地主 健太郎
地主 健太郎
【プロモーション班】慶應義塾大学法学部4年生。学生時代はスタディツアーやビジコン、海外インターンや国内での医療ベンチャーで長期インターンなど精力的に活動する。あだ名は大好きなサッカーフランス代表オリヴィエジルーからとってジヌー。
岡田 京子
岡田 京子
【プロモーション班】一橋大学商学部2年生。趣味はバレーボールとピアノ。食べて動いて寝て食べるのが好き。
室谷 駿
室谷 駿
【プロモーション班】 東京理科大学理工学部2年生。趣味はアカペラ、将棋、アート、サッカー、テニス。サークルは4つ所属していて留年しないか心配である。
会川 智華
会川 智華
【ステージ企画班】慶應義塾大学経済学部4年生。アカペラサークルと公認会計士サークルを兼サーしている。この1年間でやったバイトは10個以上!趣味・特技・マイブームはバイト戦士。グッバイ扶養控除!
山岡 由夏
山岡 由夏
【ステージ企画班】 慶應義塾大学経済学部2年生。三田キャンパスの目の前にある某カフェで店長就任中。福岡出身、博多弁の田舎者
  • facebook event
  • twitter
  • facebook

ABOUT MFCMY FUTURE CAMPUS とは?

株式会社マイナビが運営する学年不問のキャリア形成プロジェクト。2013年にスタート。年間を通じて学生に「活動」の機会を創出し、学外の仲間と出会う事で学生ひとり一人が自分の適性を知り、将来を考える環境を創る事を目指しています。高校生向けビジネスコンテスト「キャリア甲子園」、大学生向けビジネスコンテスト「キャリア・インカレ」をはじめ、これまで約30,000人の学生が参加しています。