日本航空(JAL)スポンサー企業紹介

 

「夢中になれること」を探す学生をJALは応援します。

1954年、日本航空(JAL)は日本の航空会社による初の国際線(東京=サンフランシスコ線)を開設。初便の乗客は21名、飛行機時間は経由時間を含め18時間以上。
空を飛ぶことがまだ当たり前でなかった時代、JALの挑戦は始まりました。

それから60年以上を経て、国内・海外ネットワークの拡充、新座席や新サービス導入など常に「お客さまのために」を合言葉に、挑戦を続けています。
このように、JALが新たな価値を創造し、お客さまに届けるために大切にしているモノ、それは「チャレンジ精神」です。

春から新たに「夢中になれること」を見つけるために会場にいらっしゃる大学生の皆さんは、きっとチャレンジ精神旺盛だと思います。
楽しみたい、学びたい、夢中になりたい-その「チャレンジ」をJALも応援させていただきたく、大学園祭の参加に至りました。

ブース実施内容


~大学園祭で体感する最高のおもてなしを~
たくさんのステージ、ブースを回って疲れてしまったときに!
私たちJALはフルフラットで足を伸ばして、くつろいでいただけるビジネスクラスシートをブースにご用意いたしました。さらにビジネスクラスシートを体験された方には、本物の客室乗務員が機内でご好評いただいているドリンク「スカイタイム」をご提供いたします!ぜひプロのおもてなし、機内でご提供しているサービスを体感し、上空の贅沢をお楽しみください。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています!

企業情報

私たちJALが目指す姿は 「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」です。
そのために、安全運航を堅持し、JALの翼を支えている仲間の力を結集して、一人一人
のお客さまだけでなく、地域、社会に幸せを届けられるように常に挑戦し続けます。
またこれまで、お客さまをはじめとする多くの方の支えにより「定時到着率世界No.1」や「国際線の再利用意向率および他者推奨意向率No.1」などを達成してきましたが、さらに成長し、従来の航空運送事業の枠を超えるイノベーションを目指していきます。

企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
ー、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

私たちJALは、日本だけでなく世界のお客さま、さらに地域、社会に幸せをお届けし、また広く社会から必要とされる航空会社を目指しています。
その実現のためにも、JALの翼を支えている一人一人の力を結集して、世界のJALに変わり、一歩先を行く価値を創ることによって成長し続けていけるよう、常にチャレンジしていきます。

  • facebook event
  • twitter
  • facebook

ABOUT MFCMY FUTURE CAMPUS とは?

株式会社マイナビが運営する学年不問のキャリア形成プロジェクト。2013年にスタート。年間を通じて学生に「活動」の機会を創出し、学外の仲間と出会う事で学生ひとり一人が自分の適性を知り、将来を考える環境を創る事を目指しています。高校生向けビジネスコンテスト「キャリア甲子園」、大学生向けビジネスコンテスト「キャリア・インカレ」をはじめ、これまで約30,000人の学生が参加しています。